リクルートHD/自律走行型配達サービスロボットの米国会社に出資

2016年10月17日 

リクルートホールディングスは10月17日、投資子会社である合同会社RSPファンド6号を通じ、自律走行型配達ロボットを提供するSavioke, Inc.(Savioke)への出資を実施したと発表した。

<Relay>
Relay

Saviokeは、現在は人によって行なわれている業務のうち、手間のかかる作業や単純作業などを代替する自律走行型配達ロボット「Relay」を開発・提供している。

同社のサービスは現在ホテルを中心に導入されており、トイレ用品やリネン、食事などを「Relay」が代わって運ぶことで、ホテルスタッフが本来注力すべき顧客満足のために時間を使えることを可能にしている。

自律走行型配達ロボット「Relay」は、ホテルでの配達業務だけでなく、接待、オフィス、ヘルスケア、物流などさまざまな領域での生産性や売上の向上に寄与する可能性を持つ製品。

衝突検知や障害物回避、エレベーターの自動操作などの機能を持つ優れた安全設計により、入り組んだ複数階の建物でも配達が可能。

また、ソフトウェア・ハードウェアともに内製しているため、安価なコストを実現している。これまでにすでに米国を中心に5万1000回以上の配達実績があり、40社以上に導入されている。

リクルートは今回の出資を通じて、今後普及が予想される同サービスの拡大に同社と取り組んでいく予定。

最新ニュース

物流用語集