カトーレック/コスモ技研の全株式取得、自動化・省人化を推進

カトーレックは10月18日、ロボットによる無人化FAシステムを強みとするコスモ技研の保有する全株式を10月6日に取得したと発表した。

今後、コスモ技研は、カトーレックのグループ企業として、全体の企業価値を高めると共に、より一層充実したサービスを提供していく。

カトーレックはロジスティクス事業と電子機器の製造受託サービス事業(EMS事業)をグローバルに展開している。

ロジスティクス事業では、調達物流から販売物流まで、保管・物流加工・システム開発などを含めトータルにサポート。

また、EMS事業では、設計から調達・製造・物流までワンストップで提供し、国内・海外に配置された生産拠点を活用することで、顧客のグローバル展開を支える。

この2つの事業を融合し、「ロジトロニクス」として、顧客の製品が生産され世界の消費者に届くまで、顧客のサプライチェーン全体をサポートすることで、新たな価値を提供していく。

今後、さらに「ロジトロニクス」を推進するにあたり、ロボット制御技術を保有するコスモ技研がカトーレックグループに加わることで、グループ内における自動化・省人化に取り組み、より優れたサプライチェーンマネージメント・サービスで、顧客に貢献したいとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集