プロロジス/GRESB調査で日本初の世界1位に選出

2016年10月21日 

プロロジスは10月21日、企業の ESG(Environmental Stewardship=環境への取り組み、Social Responsibility=企業の社会的責任、Governance =ガバナンス)とサスティナビリ(事業活動の持続可能性)を評価する世界二大機関から高く評価されたと発表した。

評価を受けたのは、2016年度のGRESB調査(グローバル不動産サスティナビリティ・ベンチマーク)とDJSI(ダウ・ジョーンズ・サスティナビリティ・インデックス)の北米版とアジア太平洋版。

GRESBによる評価では、日本プロロジスリート投資法人が、物流不動産セクターで世界51社中1位(グローバル・セクター・リーダー)となった。日本の不動産市場において、初のグローバル・セクター・リーダーである。

展開するすべての地域(南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア)において、物流不動産セクターで1位(セクター・リーダー)の評価を受けた。

調査に参加したプロロジスグループの法人とファンド9つ(プロロジス、日本プロロジスリート投資法人、ヨーロッパで運営中の4つのファンド、北米で運営中の3つのファンド)すべてが、GRESBの最高評価である「グリーンスター」認証を取得した(昨年は7つが「グリーンスター」認証を取得)。

GRESB調査は、不動産会社・運用機関のサスティナビリティを測る年次のベンチマーク調査で、上場・非上場企業の不動産会社やファンドを対象に、環境・社会・ガバナンスへの配慮とサスティナビリティについての審査が行われる。

2016年は、世界全体で759(うち日本市場からは46)の不動産会社やデベロッパー、上場REITや不動産私募ファンドが参加した。「商業施設」「オフィス」「物流不動産」「住宅」「混合」のセクター別や、地域単位で評価された。

DJSIによる評価では、北米版とアジア太平洋版において組み入れ銘柄として選ばれた。プロロジスがDSJI北米版に選出されるのは9回目であり、物流REITとしては唯一の企業。DSJIアジア太平洋版に選出されるのは二度目だ。

なお、DJSIは、企業のサスティナビリティ評価において世界的に権威のある指標。1999年にS&P Dow Jones Indices社とスイスのRobecoSAM社が体系化し、サスティナビリティに優れた企業を年次調査で選出し組み入れ銘柄を発表している。

最新ニュース

物流用語集