全ト協/危険物荷卸し時相互立ち会い推進全国一斉キャンペーン

全日本トラック協会のタンクトラック・高圧ガス部会は11月1日から14日の間、「危険物荷卸し時相互立ち会い推進全国一斉キャンペーン」を実施する。

<危険物荷卸し時相互立ち会い推進全国一斉キャンペーンのポスター>
20161024zentokyo - 全ト協/危険物荷卸し時相互立ち会い推進全国一斉キャンペーン

重点実施事項は各都道府県トラック協会 タンクトラック・高圧ガス部会所属のローリー乗務員が、危険物の荷卸し先にて、荷卸し立ち会い啓発チラシ等を配布し、危険物荷卸し時の相互(荷卸を受ける側、荷を卸す側)の立会いを呼びかける。

全国各地の危険物取扱所等において、危険物の荷卸し時における事故が後を絶たない状況にある。

荷卸しの際に、荷卸しをする側、荷卸しを受ける側、双方の危険物取扱者が立会い、事故防止のために必要な確認を行わなかったことが、大きな原因の一つと考えられている。

混油、誤注入やオーバーフロー等の事故は、直接、間接に大災害へとつながる恐れがあることから、事故防止対策を徹底することが、業界関係者に課せられた社会的使命となっている。

キャンペーンは、広く関係先に対し、危険物荷卸し時の相互立会いの必要性、重要性を周知し、危険物取扱所等における、確実な相互立会い実施の推進を目的としている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集