ブリヂストン/ドイツに屋根用断熱材の生産拠点を新設

2016年11月10日 

ブリヂストンは11月10日、米国子会社ブリヂストン アメリカス・インクのグループ会社であるファイアストン ビルディング プロダクツ カンパニー エルエルシー(FSBP)が、ドイツ・ハインスベルクに、グループ多角化事業の主力製品の1つである屋根用断熱材の生産拠点を新設すると発表した。

操業開始は2018年を予定している。

FSBPにとってスペイン・テラサの屋根材の工場に続く欧州で2つ目の生産拠点を新設することにより、欧州の建設業界の顧客へ屋根材や屋根用断熱材の供給についてより多くの提案を実現し、欧州建材市場での同社のプレゼンスを更に拡大させていくとしている。

■FSBP概要
名称:ファイアストン ビルディング プロダクツ カンパニー エルエルシー
所在地:アメリカ合衆国 インディアナ州 インディアナポリス
事業内容:屋根材や断熱材などの建材の生産・販売
設立:1980年
従業員数:1800人
拠点数:米国12工場、スペイン1工場

最新ニュース

物流用語集