成田空港/ロボットスーツ HALを試験導入

2017年01月20日 

成田空港は1月24日から、航空会社の旅客手荷物ハンドリング業務で、受託手荷物の持ち上げ・移動の動作を支援する最先端の装着型作業支援ロボットを試験導入し、空港従業員の負担軽減策として効果検証を行なう。

<サイバーダイン社 HAL作業支援用(腰タイプ)>
20170120narita - 成田空港/ロボットスーツ HALを試験導入

全日本空輸と日本航空の協力をもらい、重労働の多い旅客手荷物ハンドリング業務を対象に導入効果の検証を目的としてロボットスーツを試験導入する。

実施期間は2月18日までで、第1ターミナル ANA チェックインカウンターおよびバゲージクレームエリア、第2ターミナル JAL チェックインカウンターおよびバゲージクレームエリアで行う。

導入ロボットは、サイバーダイン社 HAL作業支援用(腰タイプ)で、チェックインバゲージのハンドリング業務を行うスタッフが、ロボットスーツを装着し、腰への負担軽減や生産性向上の効果を検証する。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集