インフォセンス/専用倉庫管理システム、提供開始

2017年01月25日 

インフォセンスは1月25日、GRANDIT専用倉庫管理システム「WMS for GRANDIT」の製品提供を開始したと発表した。

<概要図>
20170125infosence 500x218 - インフォセンス/専用倉庫管理システム、提供開始

「WMS for GRANDIT」は、 純国産ERPとして高い評価を得ている統合基幹システム「GRANDIT」専用に用意された倉庫管理システムパッケージ。

成長するビジネスに伴い、拡大していく物流ニーズに求められる倉庫現場の効率化、 作業品質の向上を図る。「WMS for GRANDIT」は柔軟に対応し倉庫業務の最適化を実現する。

「WMS for GRANDIT」はGRANDITとのインターフェースを標準装備し、 円滑な連携を実現。優れた親和性を維持しながらも、独立したシステムとして稼働する。これによりそれぞれのシステム運用やバージョンアップでの影響を最小限に抑制。長期的なTCO削減に貢献する。

ロケーション(保管間口)レベルまで正確に在庫を管理する。どの場所に何があるのか即判明する。固定/フリーロケーション、 出荷専用/保管専用エリア管理、 補充作業支援、温度帯別保管、危険物専用保管などさまざまな在庫管理ニーズに対応可能だ。

伝票単位、商品単位、複数伝票の同時ピッキングなど、商品や出荷特性に応じた効率的なピッキング作業を実現する。配送ルート別、配送業者別など出荷作業に応じた柔軟な作業バッチ編成にも対応。更に緊急出荷などさまざまな出荷作業パターンに対応している。

庫内作業を支援するハンディ端末機能を標準装備。ハンディ端末を利用した正確で効率的な物流作業並びに作業状況のリアルタイムな把握が可能となる。その他、タブレット端末やモバイル端末、さらには音声端末にも標準対応する。ニーズに合わせて柔軟に各種デバイスの選択がおこなえる。

また、入荷から出荷まで物流業務に必要な機能を全て網羅。 倉庫業務を幅広くサポートする。倉庫管理システムの導入検討にあたっては独自の物流コンサルティングサービスの提供が可能。現状分析や業務改善提案も合わせて実施し、効果的な倉庫管理システム導入を実現する。

稼働環境は統合基幹システム「GRANDIT」と同様のシステム基盤で動作可能なので最小限の導入コストで導入可能だ。

■WMS for GRANDIT
http://www.info-sense.co.jp/service/wms4g.html

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集