川崎汽船、中部電力ほか/国内初のLNG燃料供給船、2020年に稼動

2018年07月06日 

川崎汽船、中部電力、豊田通商、日本郵船(4社)が出資する合弁会社セントラルLNGシッピング(CLS)は7月6日、液化天然ガス(LNG)燃料を船舶に供給するための船舶(LNG 燃料供給船)1隻の造船契約を川崎重工業と締結したと発表した。

<LNG燃料供給船イメージ(川崎重工業提供)>
20180706kawasaki1 500x337 - 川崎汽船、中部電力ほか/国内初のLNG燃料供給船、2020年に稼動

<供給体制>
20180706kawasaki2 500x254 - 川崎汽船、中部電力ほか/国内初のLNG燃料供給船、2020年に稼動

この船は2020年9月~12月頃に竣工し、国内で稼動する初めてのLNG燃料供給船となる予定。

4社は、中部地区での船舶向けLNG燃料供給の事業開始に向けて、今年5月にCLSとセントラルLNGマリンフューエル(CLMF)を設立した。

建造するLNG燃料供給船はCLSにより保有・管理され、CLMFを通じてLNG燃料を供給する。

■LNG燃料供給船の概要
LNG積載容量:3500立方m
総トン数:4100トン
全長:81.7m
全幅:18.0m
竣工時期:2020年9月~12月頃
造船所:川崎重工業

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集