日本自動車ターミナル/5年連続DBJの「BCM格付」の最高ランク取得

2018年07月24日 

日本自動車ターミナル(JMT)は7月24日、日本政策投資銀行から5年連続「BCM格付」の最高ランクを取得したと発表した。

審査では、「ダイナベース」の建設に際し、免震構造を採用するほか、京浜トラックターミナル全体をカバーする72時間対応の非常用自家発電設備を導入した。

BCPの実効性を高めるべく、総合建設事業者らと有事協定を締結することで、初動対応の迅速性と施設や設備の修繕等にかかる人員を確保した点、操業中断が財務に与える影響の客観性を確保するために、外部評価を導入し、事業中断時のキャッシュフロー分析を行い、必要資金を確保している点が評価された。

「DBJ BCM格付」は、DBJが開発した独自の評価システムにより、防災および事業継続への取り組みが優れた企業を評価・選定し、その評価に応じて融資条件を設定するという、「BCM格付」の専門手法を導入した世界で初めての融資メニュー。

最新ニュース

物流用語集