LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

川崎汽船/4~6月の売上高26.2%減、営業損失133億円

2018年07月31日/決算

  • 関連キーワード
  • 損失

川崎汽船が7月31日に発表した2019年3月期第1四半期決算は、売上高2121億7700万円(前年同期比26.2%減)、営業損失133億7000万円(前期は38億7800万円の営業利益)、経常損失170億9500万円(前期は59億7000万円の経常利益)、親会社株主に帰属する四半期当期損失192億7200万円(前期は85億2300万円の当期利益)となった。

ドライバルク事業の売上高は646億円(12.1%増)、営業利益は4億円(前期は14億円の営業損失)だった。

製品物流の売上高は1191億円(39.6%減)、営業損失は168億円(前期は72億円の営業利益)だった。

通期は、売上高7750億円(33.3%減)、営業利益50億円(30.7%減)、経常利益50億円(154.8%増)、親会社株主に帰属する当期利益70億円(32.6%減)の見通し。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

決算に関する最新ニュース

最新ニュース