川崎重工/LNG運搬船「ENSHU MARU」を引き渡し

2018年08月31日 

川崎重工は8月31日、川崎汽船と東京センチュリー向け16万4700立方m型LNG運搬船「ENSHU MARU」を引き渡した。

<ENSHU MARU>
ENSHU MARU

こ2016年に運用が開始された新パナマ運河を通峡できる船型として、川崎重工が開発した16万4700立方m型LNG運搬船の第3番船。世界の主要なLNGターミナルへ入港できる。

従来船の船体寸法を維持しつつ、カーゴタンクを大型化し、LNG積載量を増加させることで、LNG輸送コストの削減と船主の多様なLNGトレードに柔軟に対応する。

また、船体構造を改良して重量を軽量化するとともに、水線下の船体形状の最適化を図ることで、推進性能を最大限に高めている。さらに、主機関に川崎重工が開発した再熱式蒸気タービン推進プラント「川崎アドバンストリヒートタービンプラント(川崎URAプラント)」を搭載することで、輸送効率を大幅に向上させている。

■主要目
全長:293.00m
長さ(垂線間長):280.00m
幅(型):48.90m
深さ(型):27.00m
満載喫水(型):12.20m
総トン数:12万7088
載貨重量トン数:8万3708トン
貨物倉容積:16万5257立方m(-163℃、100%において)
主機関:川崎URA-400型再熱式蒸気タービン機関×1基
連続最大出力:2万6800キロワット×70回転/分
航海速力:約19.5ノット
定員:48名
船級:日本海事協会(NK)
船籍:パナマ

最新ニュース

物流用語集