サンゲツ/沖縄県那覇市に物流センター開設

2019年02月25日 

サンゲツは2月25日、沖縄県那覇市に完全子会社のサンゲツ沖縄が運営する物流拠点「サンゲツ沖縄ロジスティクスセンター」を開所し、2月21日から業務を開始したと発表した。

新物流センターの延床面積は965m2で、壁紙や床材など合計1600点を取り扱う。

サンゲツ沖縄は、沖縄県での顧客サービス・ブランド認知度の向上や、ロジスティクスセンター開設による物流機能の強化、地域に密着した営業活動の強化を目的として2018年6月6日に設立(10月1日に業務開始)された沖縄県内の販売会社。

近年、沖縄県では経済成長や人口増加、入域観光客数の増加を背景に宿泊施設や商業施設を中心とした建設需要が拡大しており、内装材販売の重要なマーケットとなっている。

■サンゲツ沖縄ロジスティクスセンターの概要
住所:沖縄県那覇市壷川1-3-4 沖縄メディアモールビル1階
在庫商品:壁紙、床材 計1600点
延床面積:965.3m2
業務開始日:2月21日

最新ニュース

物流用語集