佐川急便/新型コロナウィルス感染に伴う遅延解消

2020年03月12日 

佐川急便は3月12日9時現在、愛知県名古屋市港区の港営業所の宅配協力会社社員の新型コロナウィルス感染に伴う、営業所の集配業務の遅延が解消したと発表した。

港営業所ではすでに営業所の消毒が終了し、業務を再開していたが、遅延の恐れがあるとしていたもの。

佐川急便では、港営業所の宅配協力会社社員が3月8日に新型コロナウィルスへの感染検査で「陽性」であることが判明してから、全ての営業所において出社時、入館時に関係者を含む従業員の検温を行っている。

また、社内の濃厚接触者と思われる従業員を特定し、一時、自宅待機を指示している。さらに、濃厚接触者と思われる顧客の調査を実施し、所轄保健所の指示に従うとしていた。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集