アマゾン/玄関への置き配を30都道府県で標準化

2020年03月23日 

アマゾンは3月23日、30都道府県での配送方法の初期設定を、玄関先への「置き配」に変更した。

配送方法について、利用者からの意向がない場合、在宅でも留守でも玄関に商品が配達される。置き配を希望しない利用者は、注文画面を操作することで、対面での受け取りにも対応する。

対象はアマゾンが発送する商品で、置き配場所の選択肢は「玄関」のほか、「宅配ボックス」「ガスメーターボックス」「自転車のかご」「車庫」「建物内受付/管理人」を選択できる。

アマゾンは、1月から東京や大阪、名古屋、札幌で置き配の実証実験を行い、置き配標準化の有効性を検証。その結果、50%の再配達削減を実現した。

アマゾンジャパンのジェフ ハヤシダ社長は、「アマゾンは、置き配指定サービスの初期設定が利用者による再配達の手間を軽減し、より便利に商品を受け取れることに加え、配送に関する社会的課題解決のために重要な役割を果たすと考えている。アマゾンは、引き続き利用者の声に耳を傾け、より利便性と安全性の高い配送と受け取りのサービスを提供できるよう努めていく」とコメントしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集