JMU/次世代省エネ型バルクキャリアを引き渡し

2020年04月15日 

ジャパンマリンユナイテッド(JMU)は4月15日、広島県呉市の呉事業所で建造していた次世代省エネ型バルクキャリア「FIRST PHOENIX(ファースト フェニックス)」を引渡した。

<ファースト フェニックス>
20200415jmu 520x371 - JMU/次世代省エネ型バルクキャリアを引き渡し

この船はフランスのダンケルク港要求を満足する最大船型で、最新の省エネ技術を織り込み、JMUが開発した環境性能に優れたGシリーズ18万2000DWT(G182BC)バルクキャリアの21番船。

■概要
主要寸法:全長292.0m x 幅45.00m x 深さ24.55m x 喫水18.15 m
載貨重量:182,591トン
総トン数:93,575
主機関:MAN-B&W 7S65ME-C8.5 ディーゼル機関1基
航海速力:15.05ノット
定員:25名
船級:DNVGL
船籍:パナマ

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集