日本郵船/自律船フレームワークの船級認証を取得

2020年05月14日 

日本郵船は5月14日、日本海事協会から自律船フレームワークの安全性が評価され、2月20日にコンセプト設計の認証を取得したと発表した。

<自律船フレームワーク「APExS」>

日本郵船の開発コード「APExS」は、Action Planning and Execution System(計画実行システム)の略。これは、コンピューターによる高速な情報処理技術やリスク分析により、乗組員が操船のために必要な状況認識と意思決定をサポートし、乗組員の承認のもとでコンピューターが操船操作を実行する、という有人自律船実現のためのフレームワーク。

自律船に関する船級認証の取得は国内初の事例となる。

今後は、このフレームワークを活用し、多くのパートナーと有人自律船のあり方について共通認識を持ち、協業することで有人自律船の実現を目指す。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集