セイノーHD/ヤマト・佐川と連携、オープンプラットフォーム展開

2020年05月13日 

セイノーホールディングスは5月13日、ZOOMを用いた決算説明会で2020年3月期決算の業績を発表した。

<ZOOMによる説明会、左から田口社長、野津取締役>

業績は、売上高が6271億2600万円(前年同期比1.4%増)、営業利益が294億3900万円(5.7%減)、経常利益が312億4700万円(7.1%減)、親会社に帰属する当期純利益が256億7700万円(21.0%増)。

輸送事業で適正運賃収受の効果は継続したものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響から特に下期の貨物量が減少し、営業利益、経常利益ともに減益となった。親会社株主に帰属する当期純利益については、東京都江東区塩見の拠点建替えに伴う不動産の売却利益を計上した結果、増益となった。

2021年3月期の通期業績については、5月末から緊急事態宣言が段階的に解除され、9月末頃に全解除、10月から生産活動が正常化するというシナリオを元に、売上高を5620億円(10.4%減)、営業利益を133億円(54.8%減)、経常利益を145億円(53.6%減)、親会社に帰属する当期純利益を74億円(71.2%減)と予想。

また、2021年3月期は新たな中期経営計画のスタート年となるが、新中計の骨子についてセイノーホールディングスの田口 義隆社長は、「いかに荷主の不便を解消し、繁栄に資するかに重点を置く。その実現のためには業界全体で取り組む必要があり、ヤマトや佐川と一緒になって物流のオープンプラットフォームを構築し、ワンストップのサービスを提供していく」とコメントした。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集