日本ロジ/柔軟な財政運営のために、物件引渡予定日を変更

2020年05月19日 

日本ロジスティクスファンド投資法人は5月19日、千葉県白井市の「白井物流センター」について、引渡予定日を変更すると発表した。

引渡予定日は、変更前は、「未定(本物件は未竣工の開発物件であり、本物件の引渡日は建物保存登記申請日から1年を経過する日までの期日で本投資法人が別途指定した日(ただし、本投資法人及びJA三井リース建物が別途合意した場合には当該合意した日)となる。」だった。

変更後は、「未定(2020年7月31日から2021年3月31日までの間において本投資法人が別途指定した日(ただし、本投資法人とJA三井リース建物の間で別途合意した場合には当該合意した日)となる。」としている。

変更の理由として、昨今の新型コロナウイルスによる感染拡大等の本投資法人を取り巻く市場環境の変化の中、本投資法人の資金繰りへの影響は生じていないが、本物件の引渡し日を延長し、本投資法人の手元現預金及び資金調達能力をさらに強化することが、本投資法人の柔軟な財務運営に資すると判断し、JA三井リース建物と協議を行った結果、変更を行うもの、としている。

■物件概要
名称:白井物流センター
所在地:千葉県白井市中98番地
面積:1万4322m2
延床面積:2万5653.78m2
テナント数:2
取得予定日:2020年7月31日から2021年3月31日までの間において本投資法人が別途指定した日
取得予定価格:40億5200万円(不動産売買契約に定める売買代金

最新ニュース

物流用語集