カルビー/広島港に最新鋭マザー工場建設、2024年操業予定

2020年05月25日 

カルビーは5月25日、広島市佐伯区に新工場を建設すると発表した。

<建設地の周辺図>

5月20日、広島県と立地協定を締結した。建設地は同社最大の10万m2で、広島港五日市地区の新規造成地に所在している。

新工場には、広島県内の既存2工場(広島西工場、広島工場)の機能を移転・集約する予定で、工期を2期に分けて実施。

広島西工場の機能を移転拡張するための第1期計画は2023年4月に着工し、翌2024年4月に操業開始。広島工場を移転集約するための第2期計画は2037年以降の実施を予定している。

新工場では、商品需要の拡大や労働力不足に対応するため、設備の自働化や生産効率の向上を進める方針。既存商品の生産のみならず、デジタルトランスフォーメーション(DX)等の先端テクノロジー導入による技術開発や新商品の創出など、最新鋭マザー工場の役割も担っていく拠点とし、新工場での成果を他工場の生産現場にも展開することで、グループ生産部門全体の競争力向上を目指す。

■新工場の概要
建設地:広島市佐伯区五日市港1
敷地面積:10万m2
投資額:土地代37億8000万円(建物は未定)
着工時期:2023年4月(予定)
操業開始時期:(第1期計画)2024年4月(予定)
※第2期計画は2037年以降を予定
主な製造商品:ポテトチップス、スナック、新規事業の製品等を予定

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集