ヤマト運輸ほか/新しい農産品流通サービスを一部地域でスタート

2020年06月08日 

ヤマト運輸とやさいバスは6月8日、地域経済の活性化を加速させるビジネスモデルの構築を目的として、一部地域でやさいバスのシステムとヤマト運輸の宅急便ネットワークの連携による新しい農産品流通サービスを開始した。

<やさいバスのサイトイメージとフロー図>
やさいバスのサイトイメージとフロー図

農産品の生産者と購入者を「つなぐ」システムを持つやさいバスと、日本全国に張り巡らされた宅急便ネットワークを持つヤマト運輸両社が経営資源を掛け合わせることで、ECを活用した販路開拓と、送り状の準備などの出荷業務効率化を支援する、 新しい農産品流通サービスを提供する。

両社はこうした地域産品の販路拡大支援を通して、地域経済の活性化を加速させるビジネスモデルの構築を目指す。

サービス概要は、「購入者は、 事前にやさいバスのサイトから会員登録をする」「購入者から注文を受けた生産者は、やさいバスのサイトに出荷場として登録された宅急便センターに農産品を持ち込む」「 商品は、ヤマト運輸が宅急便ネットワークで輸送する」「購入者は、受取拠点として指定したネコサポステーションで最短翌日に農産品を受け取ることできる」。

これにより、生産者は「やさいバスサイトに出品することでECを活用した遠隔地への販路開拓が進められる」「消費者への直売だけでなく小売店や飲食店などへの直卸しが可能になり、 出荷団体を介した販売より、利益率の増加が見込める」「消費者に直接販売することで、こだわりの農作物を新鮮なまま消費者にお届けすることが可能」「両社のシステムを連携により、 出荷指示や送り状の準備など出荷業務の効率化が可能になる」等のメリットがある。

また、購入者のメリットは、「生産者の顔が見える高品質な農産品を、さまざまな地域からスマホなどで簡単に仕入・購入することができる」としている。

今回、新しい農産品流通サービスの第一弾として、地域の課題解決に取り組んでいるヤマト運輸のネコサポステーション3店舗(東京都多摩市)を受取店舗として利用が可能。付近の生活者や小売店、飲食店は、このサービスを通じてさまざまな地域で収穫されたこだわりの農産品を購入することができる。

なお、今後はやさいバスのノウハウと、ヤマト運輸が地域で培った顧客接点を活かして、地方でこだわりの農産物を栽培している生産者と、高品質で安心安全な野菜や果物を購入したいと考える販売店や消費者を、直接「つなぐ」ことで地域活性化に貢献するとともに、より多くの人が利用できるように、受取拠点として宅急便センターを展開するなど、取扱エリアの拡大を目指す。

■受取可能店舗情報
野菜を注文した生活者は、 購入した品物を以下の店舗で受け取ることが可能。
ネコサポステーション
永山店(東京都多摩市永山4-2-3-10)
貝取店(東京都多摩市貝取4-2-1-10)
グリナード永山店(東京都多摩市永山1-4グリナード永山3F)

最新ニュース

物流用語集