ミツカン、レンゴー/実証実験で段ボールの配送効率2割向上

2020年06月08日 

Mizkan(ミツカン)とレンゴーは6月8日、共同でホワイト物流の実現に向けた取組みを開始し、ミツカン栃木工場で使用する段ボールの物流効率化実証実験で、1日あたりの納入回数を約2割削減できることを実証したと発表した。

<実証実験のフロー図>

<フローの比較>

実証実験では、レンゴー小山工場からミツカン栃木工場へ供給する段ボールの配送を効率化するため、両社で製品・段ボールの生産計画や納入・配送予定、納入情報の修正・承認などの情報を共有し、それに基づいてレンゴーが納入・配送計画を確定させる形式を採用した。

従来は、ミツカンからの発注に合わせて、レンゴー小山工場からその都度、段ボールを納入していたため、日によって納入時間や積載量にばらつきがあり、低積載率での輸送や配送便数の増加につながっていたが、今回の実証実験では納入数量が平準化されたことで、2019年10月~2020年2月にかけて行われた計3回の実験において、1日あたりの配送便数が平均で5.4便/日(従来6.6便/日)と、従来比2割削減。

あわせて、配送便数が削減されたことで、トラック運転者の労働時間も年間480時間減、配送車によるCO2排出量も年間6.07トンの削減に成功した。

今後、両社では今回の取組みについてのコスト検証を進めるとともに、デジタル化をさらに推進し、ミツカンの他工場やレンゴーの他の取引先へも取り組みを拡大させる方針。

最新ニュース

物流用語集