ロジザード/クラウドWMSと「GMO後払い」が標準連携

2020年07月10日 

ロジザードは7月10日、クラウド倉庫管理システム(WMS)「ロジザードZERO」と、GMOペイメントサービスの後払い決済サービス「GMO後払い」が標準連携し、納品書(お買い上げ明細書)と「GMO後払い」請求書の一体型帳票が出力可能になったと発表した。

<出荷時の連携イメージ(CSV連携)>

標準連携により、納品書と「GMO後払い」請求書が一体となった帳票を「ロジザードZERO」から直接発行することができるようになった。

これにより、各システムから個別に帳票を出力して帳合いする手間が無くなり、出荷検品時に納品書と「GMO後払い」請求書が検品対象となることで、誤出荷の防止に寄与する。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集