NTT東日本/次世代型在庫管理「重量IoTサービス(仮)」開始

2020年08月21日 

東日本電信電話(NTT東日本)はこのほどサービス化を予定している次世代型在庫管理サービス「重量IoTサービス(仮称)」をトライアル運用していると発表した。

<サービス概要>
サービス概要

現在、あらゆる業種でトライアルを行っており、テスト導入実績も多数となっている。

「重量IoTサービス(仮称)」とは、重量センサを搭載した汎用性の高いIoTデバイスとクラウドで、デバイス上に物を置くだけで、在庫管理・発注を自動化するサービス。担当者への在庫通知、自動発注も可能なので、面倒な棚卸・発注の省力化が期待できる。

幅広い消耗品に対応し、電池+Wi-Fiで動作するため置き場所も選ばない。幅広い業種で業務効率化・生産性改善に寄与することが見込まれている。

「重量IoTサービス(仮称)」のポイントは、まず、従業員の負担軽減。在庫はスマホやタブレットで手軽に確認、単純作業による従業員のモチベーション低下を軽減する。

また、重量IoTセンサがグラム単位で商品の残量を検知、在庫が枯渇する前に担当者にアラート通知するため発注ミスを低減する。

さらに、倉庫・オフィス・冷蔵庫、他フロアや客先に設置している商品など、どんな場所にも簡単導入できる。

自動棚卸だけではなく、可視化による在庫圧縮、廃棄ロス削減、配送効率化など多業種のさまざまな目的で活用できる。

問い合わせ
iot_presales-ml@east.ntt.co.jp
紹介HP
https://business.ntt-east.co.jp/service/weight_iot/

最新ニュース

物流用語集