国交省/トラック事業者の働き方改革を可視化する認証制度

2020年08月21日 

国土交通省は8月21日、自動車運送事業(トラック・バス・タクシー事業)のドライバー不足に対応するため、「働きやすい職場認証制度」を創設すると発表した。

同認証は、職場環境改善に向けた各事業者の取組みを「見える化」 することで、求職者のイメージ刷新を図り、国土交通省、厚生労働省が連携して、求職者の運転者への就職を促進することを目的としたもの。

認証企業には、ハローワークの求人票への記載や求職者とのマッチング支援を検討するほか、求人エージェントと連携し、先進的な取組みを広く発信する予定。

認証は、「法令遵守等」「労働時間・休日」「心身の健康」「安心・安定」「多様な人材の確保・育成」の5分野で基本的な取組み要件を満たすことにより取得することが可能。併せて、自主的・先進的な取組みを参考点として点数化する。

申請期間は9月16日~12月15日まで。申請受付、審査、認証等の手続きは、日本海事協会が実施する。

1申請あたりの料金は、審査料が5万円(税別、電子申請は3万円)、登録料が6万円(税別)。

■日本海事協会「働きやすい職場認証制度」ホームページ
https://www.untenshashokuba.jp/

最新ニュース

物流用語集