佐川グローバルロジスティクス/スペースシェアサービス全国展開

2020年08月21日 

佐川グローバルロジスティクスは8月21日、Space Share Service
(倉庫スペースやマテハン機器を顧客同士でシェアするサービス)を
一部地域でトライアル運用していたが、8月20日より全国展開を開始したと発表した。

<サービスイメージ図>
サービスイメージ図

佐川グローバルロジスティクスは、未稼働時間の倉庫スペース、マテハン機器を有効活用したオーダーメイドのシェアリングサービスを開始。佐川グローバルロジスティクスが保有する倉庫約80拠点、総床面積約15万坪を対象に、既存の顧客が使用していない時間・期間にマテハン機器なども一緒にシェアすることを希望る顧客にとって最適なソリューションを提案し、多様なニーズに対応するとしている。

例えば、スポット発送が発生した顧客の場合、期間・スペースなどのニーズに合った最適解を、佐川グローバルロジスティクスが既存施設の中からマッチングし、簡単な手続きをするだけですぐに利用することができる。また、作業内容に合わせたマテハン機器をシェアすることも可能なため、導入に必要な初期投資などのコストを抑えることができる。

反対に佐川グローバルロジスティクスを利用している既存の顧客にとっては、夜間、週末や祝日などの未稼働時間、また閑散期などで使用していない倉庫スペースを他の顧客とシェアすることで、物流コストを削減することができる。トライアルでは、閑散期の使用していなかったスペースを他の顧客とシェアすることで、月額の物流コストを30%も削減できた例もあるという。

最新ニュース

物流用語集