台風10号/物流に影響、九州中心に業務休止や遅延

2020年09月04日 

台風10号の接近に備え、物流各社が九州地方を中心に業務の休止や配送遅延の見通しを発表している。

ヤマト運輸は9月4日12時時点の発表で、9月5日16時~7日終日にかけて宮崎県・鹿児島県全域で、9月6日13時~9月7日終日にかけて佐賀県・大分県・熊本県全域で、9月6日16時~9月7日終日にかけて福岡県・長崎県全域で、集荷・配達業務と営業所での窓口受付業務を停止するとしている。

また、クール宅急便は北海道・東北・関東・信越・北陸・中部・沖縄地域発~宮崎県・鹿児島県全域着の荷物が9月4~5日の間、関西・中国・四国・九州地域発~宮崎県・鹿児島県全域着の荷物が9月5~6日の間、北海道・東北・関東・信越・北陸・沖縄地域発~福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県全域着の荷物が9月5日のみ、中部・関西・中国・四国・九州地域発~福岡県・佐賀県・長崎県・大分県・熊本県全域着の荷物が9月6日のみ、荷受を停止する。

佐川急便は9月4日18時時点の発表で、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県で9月6日正午~9月7日正午にかけて、熊本県、宮崎県、鹿児島県で9月6日~9月7日正午にかけて、沖縄県で9月6日終日、集荷・配達業務を中止するとしている。

日本通運は9月4日時点の発表で、アロー便について沖縄県・長崎県の島しょ部に加え、その他地域でも天候や道路状況によって集配遅延・見合わせが発生する可能性があるとしている。また、国内航空便の集配業務と電話・荷物受付業務について、9月6日の午後~7日の午前中にかけて福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県の全域で、9月7日の午後に福岡県、佐賀県、宮崎県の一部と長崎県、熊本県、大分県、鹿児島県(鹿児島空港営業所と奄美大島営業所は午後から受付業務のみ再開予定)の全域で、業務を停止する。

日本郵便は9月4日9時時点の発表で、鹿児島県島しょ部と沖縄県で引受・配達となる郵便物・ゆうパックの配達に遅れが発生しているほか、今後の台風の進路によってその他地域でも遅れが発生する場合があるとしている。

福山通運は9月4日時点の発表で、9月5日の沖縄県における集荷・配達と9月7日の九州地方における集荷・配達について、ともに中止・遅延の可能性があり、今後の台風の大きさ・進路によっては中四国地方でも遅延の可能性があるとしている。

久留米運送では9月4日10時時点で、鹿児島港発沖縄・奄美大島方面行き船便のうち、喜界島、大島郡瀬戸内町、奄美大島、平土野(大島郡天城町)、徳之島、沖永良部島、与論島、沖縄本島行きが欠航となっている。

最新ニュース

物流用語集