日通/米国日通がシカゴでGDP認証取得、医薬品専用温調庫稼働

2020年09月04日 

日本通運は9月4日、米国日本通運が、シカゴ・オヘア空港近くの自社倉庫内に、医療・医薬品に特化した温調庫「NEX PHARMA SOLUTIONS-CHICAGO」を新設、GDP認証を取得し、9月1日より営業を開始したと発表した。

<温調庫入口>
温調庫入口

<温調庫室内>
温調庫室内

この施設は、15~25℃(定温)、2~8度(冷蔵)、-15度以下(冷凍)の3温度帯に対応。積み下ろし時の異物混入、温度逸脱を防ぐためのドックシェルターを完備している。

また、設定温度を逸脱した場合には、システムによるアラート警報で即時認識が可能。停電時対応の非常用ジェネレーターを配備。入退室管理システムによる管理/CCTV の設置による常時監視を実施するなどの特徴を持つ。

医薬品については、世界的に GDP(Good Distribution Practice)をはじめとした品質基準への厳格な対応が求められており、輸送・保管中の温度管理について、顧客の求める品質水準も高まっている。今般、当社は「NEX PHARMA SOLUTIONS-CHICAGO」を開設することにより、GDPに準拠した設備・運営体制のもと、安全かつ高品質な温度管理輸送サービスを提供し、顧客のニーズに応えるとしている。

シカゴを含む米国中西部ならびに北東部には多くの医薬品・医療機器ビジネスに関わる業種が集積しており、今後ますますの需要が見込まれる。日通のシカゴ拠点は、シカゴ・オヘア空港に到着した貨物を中西部各州の自社拠点に定期シャトルトラックを運行し、最短翌朝に配送するなどゲートウェイ機能を担う航空貨物の最大拠点。

また、米国では、医療・医薬品に特化したロジスティクス機能を持つ物流会社 MD Logistics LLC および MD Express LLC の子会社化手続きを9月1日付で完了した。同社はシカゴと隣り合うインディアナ州4棟、ネバダ州1棟で計 100万平方フィート(約9万2903m2)の倉庫を構え、保管・流通加工・全国配送サービスを提供している。新たな機能の備わったシカゴ拠点と接続することで、医療・医薬品に適した輸送品質を保ったまま、海外と同社倉庫とを結ぶことが可能となる。

■施設概要
名称:米国日本通運 NEX PHARMA SOLUTIONS-CHICAGO
(NIPPON EXPRESS USA, INC. NEX PHARMA SOLUTIONS-CHICAGO)
住所:401 E. Touhy Ave.,Des Plaines, IL 60018 U.S.A
施設面積:6万200m2
(内訳)
前室:222.96m2
温調庫1:189.52m2
温調庫2:142.14m2
冷凍庫:47.38m2

最新ニュース

物流用語集