SBSゼンツウ/障害者雇用優良事業所として知事表彰受ける

2020年10月02日 

SBSゼンツウは10月2日、「令和2年度埼玉県障害者・高年齢者雇用優良事業所等表彰式」で、「障害者雇用優良事業所」として知事表彰されたと発表した。

<表彰式でSBSゼンツウの近藤社長(左)と埼玉県の大野知事>
表彰式でSBSゼンツウの近藤社長(左)と埼玉県の大野知事

この表彰は、一定数以上の障害者を雇用し、なおかつ法定障害者雇用率を過去数年間満たしていることなど、長年にわたり障害者の雇用促進および障害者が長く安心して働ける体制の整備、障害者就労機関との連携などに積極的に取組んだ企業が対象になる。

受賞は、SBSゼンツウが本人の希望や体調に合わせた柔軟な勤務制度、障害の有無を問わない賃金体系を整備していること、障害者の実習や委託訓練を積極的に受け入れていることなどが評価された。

SBSゼンツウでは、「多様性が組織を強くする」という経営方針の下、障害者雇用をはじめ第三国定住難民の受け入れ、その他外国人労働者の雇用も積極的に行っている。今後も多様な人材活用に取り組み、誰もが活躍できる職場づくりを推進していくとしている。

最新ニュース

物流用語集