NEXCO東日本/東北道矢板北PAに接続するスマートICの名称決定

2020年10月23日 

NEXCO東日本は10月23日、栃木県矢板市と東日本高速道路 那須管理事務所が共同で事業を進めている、東北自動車道 矢板北PAに接続するスマートICの名称を「矢板北スマートIC」に決定したと発表した。

<位置図>
20201023nexcoe1 - NEXCO東日本/東北道矢板北PAに接続するスマートICの名称決定

<上空からの様子(完成イメージ)>
20201023nexcoe2 520x329 - NEXCO東日本/東北道矢板北PAに接続するスマートICの名称決定

なお、名称の考え方として、このスマートICの利用者に対しETC専用のスマートICであること、既存のPAに設置される出入口であることが明確に判断可能となる名称とするため、このPAの名称「矢板北」を用い「矢板北スマートインターチェンジ」とした、としている

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集