日野自動車/水素バリューチェーン推進協議会に参画

2020年12月07日 

日野自動車は12月7日、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進する「水素バリューチェーン推進協議会」へ参画すると発表した。

この12月7日に設立した同協議会は、サプライチェーン全体を俯瞰し、業界横断的かつオープンな組織として、社会実装プロジェクトの実現を通じ、早期に水素社会を構築することを目的としている。

水素社会構築を加速させるための課題の一つである水素の需要拡大に向けて、トラック・バスといった商用車への燃料電池車の導入が期待されている。

日野は、トヨタ自動車と共同でこれらの車両の開発を進めるとともに、ユーザー企業との共同実証などを通じて、燃料電池車の普及に向けた環境整備にも積極的に取り組んでいる。

このたびの同協議会への参画を通じて、地球温暖化対策で中心的な役割を果たすことが期待される水素について、社会実装に向けた革新的な取り組みを進めると同時に、さまざまなステークホルダーと連携し、水素産業の育成と発展に向けた取り組みをさらに推進していく。

最新ニュース

物流用語集