商船三井/WFS社とメタノール船2隻の長期定期賃船契約

2020年12月07日 

商船三井は12月7日、カナダのWaterfront Shipping(WFS社)と、メタノールを燃料とする新造メタノール専用船2隻の長期定期貸船契約を締結したと発表した。

<既存のWFS社向けメタノール専用船「Taranaki Sun(タラナキサン)」>
20201207mol 520x345 - 商船三井/WFS社とメタノール船2隻の長期定期賃船契約

新造船には、環境負荷の低いメタノールと重油を燃料として使用できる2元燃料エンジンを搭載。2021年、2023年にそれぞれ韓国の現代尾浦造船で竣工し、WFS社向けメタノール輸送に従事する予定となっている。

商船三井は、メタノールと重油の2元燃料エンジンを搭載したメタノール運搬船として、それぞれ2016年に竣工した「Taranaki Sun(タラナキサン)」Waterfront Shipping「Manchac Sun(マンチャックサン)」「Cajun Sun(ケイジャンサン)」の3隻を保有し、WFS向け長期貸船契約に投入している。今回の新造船2隻はそれに続くもので、これにより商船三井は世界最大級のメタノール燃料船の船隊を有することになる。

メタノールは、硫黄酸化物(SOx)排出量がほぼゼロとなることに加え、重油と比べて窒素酸化物(NOx)の排出量を大幅に低減できる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集