センコーGHD/家庭紙卸売業のアズフィットを子会社化

2020年12月10日 

センコーグループホールディングスは12月10日、小津産業の子会社で家庭紙の卸売事業を行う「アズフィット」の株式を取得し、2021年1月に子会社すると発表した。

アズフィットの株式の80%を取得することについて、小津産業と合意した。

アズフィットは、首都圏を中心にドラッグストア、スーパーマーケット、ホームセンター、ビル管理会社などへ、家庭紙や日用雑貨を販売。家庭紙の卸売業を中核事業としつつ、小津産業グループの一員として、「紙と不織布」を素材とした商品開発を行う製造事業にも積極的に取り組み、新たな機能を備えた製品供給も行っている。

センコーGHDは、グループ内にアズフィットと同じ家庭紙卸売を行うアストを有しており、アズフィットを子会社化することで、アストとの経営資源やノウハウ等の相互利用などによる商品開発力、価格競争力の向上、販路開拓による事業基盤の強化などの相乗効果を目指すとともに、センコーグループの物流ノウハウを活用した物流業務の効率化で収益力の向上を図っていく。

■アズフィットの概要
所在地:東京都中央区日本橋本町4-9-2
資本金:1億円
設立:1967年12月2日
事業内容:家庭紙・日用雑貨及び事務用品の卸売、企画販売
事業所数:6か所
従業員数:133名(2020年2月28日時点)

最新ニュース

物流用語集