日本GLP/「GLP Japan Income Fund」が第2次資金募集完了

2021年01月08日 

日本GLPは1月8日、5600億円(54億米ドル)の運用資産を有する日本最大のオープンエンド型私募物流ファンドである「GLP Japan Income Fund」(JIF)のセカンドクローズ(第2次資金募集完了)の完了を発表した。

今回の投資には20を超える国内外の投資家が参加した。これは、GLP の高品質な先進的物流施設群、そしてそのファンド・マネジメント力およびオペレーション力に対する投資家の関心が継続して高いことを表している。

昨年8月、GLPは関東圏および関西圏の先進的物流施設11物件を投資対象としたJIFの設立を発表した。セカンドクローズでの調達資金は、関東圏の3物件の今次取得に加えて、今後のマーケット取得機会等への投資にも活用される予定だ。この3物件を加えた14件の物流施設はすべて、新たに開発された先進的物流施設であり、総延床面積は 130万m2を超え、投資家に長期的に安定したキャッシュ・イールドを提供する。

投資対象物件はすべて満床稼働中であるほか、内9件は LEED 認証(プラチナおよびゴールド)を取得。

日本GLPの帖佐義之社長は、「GLPは、物流施設開発とアセット・マネジメントにおけるマーケットリーダーであり、日本におけるインカムファンド戦略を支える、先進的物流施設の強力なパイプラインを築き上げてきた。昨年は、過去最高のリーシング実績を達成することができた。これは、我々の強力なリーシング力と、急速に拡大するEC需要に牽引された旺盛な需要を示している」と述べている。

最新ニュース

物流用語集