東京建物/横浜で大手物流会社の施設着工、埼玉では用地取得

2021年01月13日 

東京建物は1月13日、横浜市都筑区で「(仮称)T-LOGI横浜青葉」を着工するとともに、埼玉県加須市で新たな物流施設用地を取得したと発表した。

<(仮称)T-LOGI横浜青葉の完成イメージ>
T-LOGI横浜青葉

<位置図>
T-LOGI横浜青葉

「(仮称)T-LOGI横浜青葉」は東名高速道路「横浜青葉IC」から3km、第三京浜道路「港北IC」から4.6kmの立地で、地上4階建て延床面積1万7000m2の施設。東名・第三京浜の両高速道路が利用可能で、人口集積地や産業集積地から至近である等、横浜エリアのポテンシャルを生かした施設計画となっており、着工前に国内大手物流会社の入居が内定した。竣工は2022年1月を予定している。

<(仮称) T-LOGI加須の所在地>
T-LOGI加須

また、埼玉県加須市に新規取得した用地では、「(仮称) T-LOGI加須」の建設を計画。同施設は東京建物の物流施設開発事業で初弾の物件となった「T-LOGI久喜」(2020年6月30日竣工)が位置する久喜エリアに隣接しており、交通の要衝として近年物流施設の供給量・テナント需要ともに高水準で推移している。

■「(仮称)T-LOGI横浜青葉」概要
建設地:横浜市都筑区川和町字城古場654-1(地番)
交通:東名高速道路「横浜青葉IC」3.0km、第三京浜道路「港北IC」4.6km、横浜市営地下鉄グリーンライン「川和町駅」徒歩10分
敷地面積:7793.06m2
構造規模:鉄骨造、地上4階
延床面積:1万7053m2
着工:2021年1月
竣工:2022年1月
開業:2022年2月(予定)

■「(仮称)T-LOGI加須」概要
建設地:埼玉県加須市川口3-3-1(地番)
交通:東北自動車道「加須IC」4.2km、同「久喜IC」7.1km、東武伊勢崎線「鷲宮駅」徒歩20分
敷地面積:1万3778.35m2(公簿)
開業:2022年冬頃(予定)

最新ニュース

物流用語集