プロロジス/東京都足立区で3階建ての都市型物流施設開発

2021年02月16日 

プロロジスは2月16日、東京都足立区入谷において、都市型賃貸用物流施設「プロロジスアーバン東京足立 2」の起工式を行い、開発を開始した。

<「プロロジスアーバン東京足立 2」完成予想パース>
20210216prologis 520x320 - プロロジス/東京都足立区で3階建ての都市型物流施設開発

「プロロジスアーバン東京足立 2」は、東京北部・埼玉の消費地をカバーする好立地に位置している。一般道を使用して30分圏内では、東京都足立区、板橋区、埼玉県川口市、草加市、八潮市などへの配送をカバーすることが可能。60分圏内では東京駅以北の都内エリアや、埼玉県広域をカバーすることができ、迅速な配送が必要となるEC事業や、ラストワンマイル拠点としても最適な立地である。また、日暮里・舎人ライナー「見沼代親水公園」駅および「舎人」駅からいずれも2km圏内であり、周辺には住宅地も多く従業員確保にも有利な環境である。

城北エリアは物流施設・倉庫の新規供給が少なく、高機能な新築物流施設は非常に希少である。都市部に立地する「プロロジスアーバン」シリーズの特徴として、ネットスーパー等のダークストア、マイクロフルフィルメントセンター、ECの即日配送拠点、家電・家具などの消費財の地域配送のためのデポセンター、中古ブランド品等、高付加価値商品の修繕・査定拠点などのニーズがある。「プロロジスアーバン東京足立2」も、都市型施設ならではの多様なニーズに応える施設として入居企業を募集している。

「プロロジスアーバン東京足立 2」は、約3200m2の敷地に3階建て延床面積約6400m2の都市型物流施設として開発。

最大賃貸面積は 1800坪、最小500坪からの利用を可能とする計画で、入居企業を募集中。コンパクトな施設でありながら4tトラックが直接2階にアクセスできるスロープを併設し、フロアを分けて2社への賃貸が可能である。荷物の縦動線として、荷物用エレベーターも 2基備える。東京都での同規模の賃貸用物流施設として、スロープを備えた物件は希少であり、配送リードタイム短縮を求めるカスタ
マーに新たな選択肢を提供する。

1階は、都市型配送拠点としての機能に特化し、配送車の全面乗入を想定して泡消火設備を装備する。2tトラックであれば20台が同時に着車できる計画となっている。

■概要
名称:プロロジスアーバン東京足立2
開発地:東京都足立区入谷 9-10-10
敷地面積:3125.19m2
計画延床面積:6466.18m2
構造:地上3階建、S造
着工:2021年2月
竣工予定:2022年2月

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集