楽天西友ネットスーパー/関西の出荷能力増強、DPL茨木1棟借り

2021年02月16日 

楽天と西友は2月16日、両社協働によるネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」で、関西地域の出荷能力拡充を目的に、大和ハウス工業が開発する大型物流施設「DPL茨木」(大阪府茨木市)の全フロアを賃借し、専用物流センターを2021年内に新設すると発表した。

<DPL茨木>
20210216rakuten 520x290 - 楽天西友ネットスーパー/関西の出荷能力増強、DPL茨木1棟借り

<配送予定エリア>
20210216rakuten1 - 楽天西友ネットスーパー/関西の出荷能力増強、DPL茨木1棟借り

DPL茨木は地上4階建て延床面積5万8000m2の施設で、名神高速道路「吹田JCT」から1.8km、「大阪駅」から15km圏内、阪急電鉄京都線「南茨木駅」と大阪モノレール「南茨木駅」から徒歩圏内に立地している。

新物流センターでは、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯での商品保管を可能にするほか、搬送などの自動化設備を導入し、倉庫内作業を効率化する。これにより、当日配送枠を拡充し、関西地域での供給能力の強化と、サービスの利便性向上を図るねらい。配送エリアは大阪・兵庫・京都・奈良の一部エリアを予定している。

<横浜市に開設した専用物流センターが入居するMFLP横浜港北>
20210216rakuten2 520x346 - 楽天西友ネットスーパー/関西の出荷能力増強、DPL茨木1棟借り

楽天西友ネットスーパーは、昨今の新しい生活様式の定着によるEC需要の急拡大を受けて、10~12月の売り上げが前年比39.9%増と加速度的に成長している。

楽天と西友は、神奈川県横浜市でも1月から最大3万~4万アイテムの取り扱いが可能な専用物流センターを稼働開始。自動化設備を導入し、通常のオペレーションとの比較で60%の省人化を実現している。

■物流センターの概要
「大阪府茨木市の物流センター」
物件名:DPL茨木の概要
所在地:大阪府茨木市丑寅1-1-1
事業主:大和ハウス工業
稼動開始:2021年内予定
延床面積:5万8000m2
物件階数:地上4階建
配送エリア:大阪・兵庫・京都・奈良の一部(予定)

「神奈川県横浜市の物流センター」
物件名:三井不動産ロジスティクスパーク(MFLP)横浜港北
所在地:横浜市都筑区川和町760-1
稼動開始:1月25日
延床面積:5万m2
配送エリア:東京都・神奈川県の一部(今後拡大予定)

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集