ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

2021年03月01日 

ヤマトホールディングスは3月1日、新しい「クロネコマーク」と、新たな価値提供を象徴する「アドバンスマーク」の使用を4月1日から開始すると発表した。

< 新しい「クロネコマーク」( 企業シンボルマーク)>
20210301yamatohd1 520x368 - ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

<マークの車両使用イメージ1>
20210301yamatohd2 520x292 - ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

<マークの車両使用イメージ2>
20210301yamatohd3 520x161 - ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

<新設する「アドバンスマーク」>
20210301yamatohd4 520x368 - ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

ヤマトグループは4月1日、各社の多様な経営資源を結集したヤマト運輸を中核とする、新たなヤマトグループ」に生まれ変わる。新マークは、これからの時代に求められるサプライチェーンの変革に向け、個人、地域の顧客はもちろん、法人の顧客の経営を支援するパートナーを目指す。

また、サステナビリティへの取り組みを強化し、社会インフラの一員として、社会課題を解決する物流のエコシステム創出を目指す、という新たなヤマトグループの意思と、ビジョンを表すシンボル。

なお、64年間使用してきたクロネコマークは、1957年の制定以来、初のデザイン変更となる。

新しい「クロネコマーク」( 企業シンボルマーク)は、親ネコが大切に子ネコを運ぶ(クロネコマーク」は、1957年以来「安心・丁寧」のシンボルとして、顧客に信頼されるマークとなるよう、全社員で大切に育んできた。その「クロネコマーク」に込めた想いを変えることなく、都市や街、地域の環境により調和し、溶け込みながら、日々重ねてきたサービスをさらに進化させていく意思の表明として、より未来志向のデザインに磨き上げた。

新設する「アドバンスマーク」は、ますます変化する社会やビジネスの課題解決に向け、既成概念にとらわれず、果敢に挑戦する姿勢とビジョンを表明し、その象徴となるアドバンスマークを新設。ヤマトグループがこれまで培ってきたノウハウやネットワークに、新しいアイディアやテクノロジー、パートナーシップを融合させた、新サービスや新事業に展開する。

<コーポレートカラー>
20210301yamatohd5 520x363 - ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

<社名ロゴタイプ>
20210301yamatohd6 - ヤマトHD/4月1日から新しい「クロネコマーク」を使用

また、コーポレートカラー、および社名ロゴタイプも変更する。コーポレートカラーは、クロネコマークで親しまれてきた黒、黄色をメインカラーとし、その2色を引き立たせる白、グレーのサブカラーを加えた4色とする。黒、黄色を大切にしながら、都市、地域にノイズを生まず、より自然に溶け込む白、グレーを採用した。

社名ロゴタイプは従来のイメージを大切にしつつ、ヤマトグループ統一ロゴタイプを新たに開発した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集