日本郵船/共同運営のフィリピンの商船大学から初の船長誕生

2021年04月12日 

日本郵船は4月12日、Transnational Diversified Group(TDG)と共同運営するフィリピンの商船大学NYK-TDG MARITIME ACADEMY (NTMA)の卒業生であるフィリピン人船員リエル・ゴンザレスを4月10日に船長に登用したと発表した。

<NYK-FIL SHIP MANAGEMENT, INC.リエル・ゴンザレス船長>
20210412nyk - 日本郵船/共同運営のフィリピンの商船大学から初の船長誕生

船長へ登用されたNTMAの卒業生は2007年の開校以来初となる。

リエル・ゴンザレスはNTMAでの3年間の基礎教育や操船シミュレーターなどを用いた研修の後、同社訓練船で1年間の実習を終えて、2011年に同校を卒業した。卒業後は、同社のグループ会社でフィリピン人船員配乗を行うNYK-FIL SHIP MANAGEMENT, INC.に所属し、主に同社グループのドライバルク船に乗務してきた。一等航海士として通算33か月の乗船経験を積み、この度、船長登用のためのアセスメントに合格、船長に登用されるに至ったもの。

NTMAは、優秀なフィリピン人船員の育成目的に2007年に設立以来、独自のカリキュラムと乗船訓練で卒業生のフィリピン海技国家試験における合格率100%を維持してきた。開校から13年が経過した現在、1100人を超える卒業生を輩出し、その殆どが同社グループの運航船舶で活躍している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集