TSUNAGUTE/入出荷予約受付サービスに2つの機能を追加

2021年04月12日 

TSUNAGUTEは4月12日、入出荷予約受付サービス「telesa-reserve(テレサリザーブ)」の新機能として、遠隔受付とドライバーの健康状態を記録できる機能をリリースしたと発表した。

<遠隔受付イメージ>
20210412tsunagute1 520x292 - TSUNAGUTE/入出荷予約受付サービスに2つの機能を追加

<ドライバー管理イメージ>
20210412tsunagute2 520x292 - TSUNAGUTE/入出荷予約受付サービスに2つの機能を追加

新機能は、ドライバーがモバイルから操作することで、遠隔地から到着を知らせることができること、ドライバーが物流センターに来場時の体調を記録できるようになった。

これにより、従来ドライバーは物流センター到着後に受付のタブレットへ到着を入力する必要があったが、この機能により受付へ寄らずとも駐車場などから到着を知らせることができるようになった。これにより、到着後にトラックから降りずにバース接車し、作業を開始できるようになる。

工場などドライバーの衛生管理が必要となる拠点では、到着時に体調を受付簿に記入する必要があったが、この機能によりバース予約の受付と同時に体調記録できるようになり、受付簿の記入が不要となった。

また、工場の管理者は、会社名、氏名、 作業開始・終了時間等に加えてドライバーの体調も同時にシステムで履歴管理できるようになった。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集