経産省/DX銘柄にSGHDや日本郵船、コロナ対策企業にヤマト

2021年06月08日 
関連キーワード:

経済産業省は6月7日、東京証券取引所と共同で「デジタルトランスフォーメーション銘柄(DX銘柄)」を選定した。

優れた情報システムの導入やデータの利活用にとどまらず、デジタル技術を前提としたビジネスモデルそのものの変革および経営の変革に果敢にチャレンジし続けている企業である「DX銘柄2021」と「DX注目企業」には、「DX銘柄2021」として陸運業からSGホールディングス、海運業から日本郵船、空運業から日本航空を、「DX注目企業2021」には空運業からANAホールディングスを選定した。

また、2021年度は新型コロナウイルスを踏まえた対応に関して、デジタル技術を利活用し、優れた取組を実施した企業である「デジタル×コロナ対策企業」には、製造・物流戦略部門でヤマトホールディングスとアスクルの2社を選定した。

DX銘柄は東京証券取引所に上場している企業の中から、企業価値の向上につながるDXを推進するための仕組みを社内に構築し、優れたデジタル活用の実績が表れている企業を業種ごとに最大1~2社ずつ選定して紹介するもの。今回は、「DX銘柄2021」選定企業に28社、「DX注目企業」に20社、「デジタル×コロナ対策企業」に11社を選定している。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集