ウーブン・アルファ/三菱ふそうと自動地図生成PF活用で提携

2021年06月23日 

トヨタ自動車傘下のウーブン・アルファと三菱ふそうトラック・バスは6月23日、ウーブン・アルファが開発する自動地図生成プラットフォーム(Automated Mapping Platform:AMP)を用いた共同研究を開始すると発表した。

20210623toyota 520x351 - ウーブン・アルファ/三菱ふそうと自動地図生成PF活用で提携

両社は、共同研究で10以上の実証項目を検討しており、今回はその第1弾としてAMPの高精度地図を三菱ふそうトラック・バスが開発するカーブ進入時速度超過警報装置(Entering Curve Speed Warning:ECSW)に実装し、同装置を搭載した大型トラック「スーパーグレート」を走行させる実証実験を行う。

AMPをECSWに実装し、車両の状態に応じて適切なタイミングでドライバーに急カーブへの進入を予告することで、安全な速度までの減速を促す機能を検証。これにより、大型トラックの安全運転支援における高精度地図の効果や課題を検証する。

先進運転支援や自動運転ではセンサー情報の1つとして地図を用いる際、主に費用の観点からカーナビ用の地図情報を使用している。しかし、地図情報の更新頻度や精度の問題から高度な自動化技術を搭載した車両への採用や、車線レベルで安全な運転を支援する精度の高いアプリケーション開発が困難だった。

AMPは、道路を走行する一般車両からのデータや衛星・航空写真のデータ等を使って高精度地図を生成するため、費用を抑えながら地図の更新頻度やカバレッジを向上することができる。

ウーブン・アルファはいすゞ自動車、日野自動車とAMPの小型トラックを中心とした領域への活用について検討を進めているが、トヨタグループの枠を超えた商用車メーカーとの共同研究は今回が初となる。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集