ヤマト運輸/宅急便のサイズ拡大、180、200サイズを新設

2021年07月20日 

ヤマト運輸は7月20日、この秋10月4日より宅急便に180サイズ、200サイズを新設すると発表した。

<宅急便新サイズ表(10月4日以降)>
20210720yamato 520x371 - ヤマト運輸/宅急便のサイズ拡大、180、200サイズを新設

このサイズ拡大にともない、これまで宅急便の規格を超える荷物の発送に利用していたヤマト便を、10月3日荷受け分をもって廃止する。

昨今、ECの利用拡大にともない、顧客は本やアパレル・生活雑貨など小型の荷物だけでなく、地方のお米や特産品、家具・家電など大型の商品をECで購入する機会が増えている。そして、これにより事業者側が宅配時に送る荷物サイズも多様化している。

これまでヤマト運輸は、宅急便の上限サイズを160サイズとし、それ以上の大きい荷物についてはヤマト便(3辺合計200cmまで、30kgまで)で取り扱ってきた。

今回、180サイズ・200サイズ(ともに30kgまで)を新たに設定し、大きい荷物も宅急便として利用することで、従来ヤマト便では対応していなかった、クロネコメンバーズの割引制度や送り状発行サービス、さらに配達時の時間帯指定や宅急便センターでの受け取りサービスを提供し、利用する顧客の利便性をさらに向上するとしている。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集