LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

Hacobu/プロロジスの物流施設にMOVO Berth提供開始

2021年08月19日/IT・機器

Hacobuは8月19日、トラック予約受付サービス「MOVO Berth(ムーボ・バース)」が、プロロジスの最新物流施設「プロロジスパーク猪名川2」(兵庫県川辺郡猪名川町、8月26日竣工予定)の入居企業向けに提供されることが決定したと発表した。

<プロロジスパーク猪名川2(右)>
20200605prologis 520x311 - Hacobu/プロロジスの物流施設にMOVO Berth提供開始

「MOVO Berth」は、物流施設におけるトラックバースの予約や入退場受付をオンライン上で管理する仕組みで、入出荷情報の共有化、車両の入場の平準化、トラックの待機時間の削減を行うことができる。「プロロジスパーク猪名川2」では「MOVO Berth」の受付システムを導入した。

プロロジスでは、以前からDX(デジタルトランスフォーメーション)による物流施設の入居企業へのサービス向上や、物流現場の課題解決に向けた取り組みを進めており、「MOVO Berth」がドライバー不足の解決の一助や入居企業の業務負荷軽減になると判断し、導入を決定した。

今後、プロロジスは「MOVO berth」に蓄積するデータ(物流施設に出入りしたトラック車両数・時間帯など)を、施設内の渋滞緩和やより安全な車両動線計画など、物流施設開発・運営に活用していく予定。

プロロジスパーク猪名川2への「MOVO Berth」の導入について、プロロジス 開発部 物流コンサルティングチームの本庄 哲太シニアマネージャーは、「マルチテナント型施設では、各入居企業が占有スペースにトラック受付を設置するため、到着したトラックの目的バースが利用中の場合は、再度地上階の待機場に戻ってもらう、あるいはバースをつぶして一時待機場にする等の対応が必要なケースが発生していた。その課題に対応し、入居企業がバースをより有効活用するため、プロロジスパーク猪名川2では共同受付を設置し、マルチテナント機能を持つMOVO Berthを導入することにした。すでにMOVO Berthは一定数の入居企業が利用していることもあり、今回のプロロジスパーク猪名川2の入居予定企業からも、利用の意向と期待の声があがっている。今後は、同施設で得られる待機情報などを施設運営改善に生かすと同時に、他拠点での活用検討を推進したいと考えている」とコメントしている。

「MOVO Berth」は、すでに大和ハウス工業、三井不動産、野村不動産と連携し、各社の物流施設の入居企業へ提供を行っており、今回を機にプロロジスの物流施設にも提供を開始することとなった。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース