LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

NTTロジスコ/ロジスティクス大賞「業務革新賞」を受賞

2021年09月02日/3PL・物流企業

PR記事

NTTロジスコは9月2日、日本ロジスティクスシステム協会(JILS)より「2021年度ロジスティクス大賞 業務革新賞」を受賞したと発表した。

<表彰式の様子>
20210902nttl1 520x347 - NTTロジスコ/ロジスティクス大賞「業務革新賞」を受賞

<表彰式後の記念撮影>
20210902nttl2 520x347 - NTTロジスコ/ロジスティクス大賞「業務革新賞」を受賞

受賞した取り組みテーマは「『AI画像認識技術を用いた自動検品システム』の導入による検品作業の改善~自動化によるリファービッシュ業務高度化の取り組み~」。

この取り組みの概要は、「画像認識処理(AI-OCR)」を利用しレンタル機器本体のバーコードと電源アダプターの物品名の2種類の文字情報を同時に撮影・取得し、登録済みのマスタデータと自動照合が可能な検品システムを導入することにより、大幅な改善を図ることができた。

これまでは、レンタル通信機器の「リファービッシュ業務」では、クリーニング済のレンタル機器本体と付属品である電源アダプターのセット化作業は、バーコードスキャンと目視検品により行っていた。

改善効果として、「1人あたり処理台数の生産性60%向上による省人化の実現」「検品ミス0%達成による品質向上」「熟練作業者に依存しない標準化された作業体制の確立」「セット化証跡の画像データ蓄積による品質保証」「自動化による省人化により、コロナ禍における三密を回避した作業環境を構築し事業継続力の強化」を挙げている。

昨今、ESG(環境・社会・ガバナンス)が重要視される中、多くの企業でリファービッシュ事業が導入・拡大されている。NTTロジスコでは、この事業に対して積極的に洗浄ロボットやAI画像認識技術を用いた自動検品システム等の自動化設備を導入し、省人化や生産性・品質向上を実現した。また、同社の取り組みが今後持続可能な社会の実現に向けて多くの物流現場においても益々求められてくるものと考えられ、広く参考になる改善取組として高く評価を得て、今回の受賞に至ったもの。

NTTロジスコでは、2018年度からリファービッシュ業務の改善に取り組み、「自動クリーニング作業ロボット」「自動クリーニング・結束作業ロボット」「AI画像認識技術を用いた自動検品システム」の導入を通して、大幅な生産性向上を図ってきた。今後も製品の回収から再生業務までワンストップで顧客のレンタルサービスやサブスクリプションサービスを支えるサービスを充実させ、物流面から持続可能な社会の実現に寄与していくとしている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

3PL・物流企業に関する最新ニュース

最新ニュース