商船三井/原油タンカー座礁事故を想定した緊急対応訓練を実施

2021年10月18日 
関連キーワード:

商船三井は10月15日、重大海難事故に備えた緊急対応体制の確認を目的として、自社で所有する原油タンカーでの海難事故を想定した緊急対応訓練を実施した。

訓練では、原油タンカーが日本に向けて米国テキサス州コパスクリスティ港で原油を積載した後、コパスクリスティ湾内航路にて座礁し、メキシコ湾とコパスクリスティ湾の出入口航路を封鎖して他船の出入湾を妨げている状況を想定。

事故発生の連絡を受けた後、本社内に重大海難対策本部を立ち上げ、事故発生から記者会見に至るまでの過程を訓練することで、緊急時に行うべき報告・連絡等のプロセスを再確認し、関係各所との連携と情報共有が円滑に実践できるかを確認した。

また、重大海難対策本部では、収集した情報をもとに船主、運航者として取るべき対応について協議し、緊急対応体制を確認の上、模擬記者会見を実施した。

<オンラインによる模擬記者会見>
20211018mol 520x170 - 商船三井/原油タンカー座礁事故を想定した緊急対応訓練を実施

従来、同訓練は対面で行っていたが、今回は在宅勤務が増えた現状を踏まえて訓練内の社内会議や模擬記者会見にオンラインツールを活用し、関係各所との連携や情報共有を円滑に実践できるかを確認した。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集