LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

日本気象/路面凍結の発生危険度予測サービス開始

2021年12月03日/IT・機器

日本気象は12月3日、冬期の車のスリップ事故等の防止策として、路面凍結の発生危険度を確認できる「路面凍結予測」の提供を、同社の天気・防災サイト「お天気ナビゲータ」で開始した。

<ブラックアイスバーン>
20211203nk1 - 日本気象/路面凍結の発生危険度予測サービス開始

<サービス画面イメージ>
20211203nk2 520x186 - 日本気象/路面凍結の発生危険度予測サービス開始

「路面凍結予測」は、道路が濡れているだけのように見える路面凍結現象「ブラックアイスバーン」の発生危険度を事前に知ることができるように開発したもの。

全国を対象に、路面温度予測や、「危険」「警戒」「注意」「なし」の4段階の指数で表現した路面凍結予測を、マップや表で 51時間先まで1時間ごとに掲載。ピンポイントの情報を確認することができるため、外出前に通行予定の道路をチェックし、危険度が高い場合は冬タイヤを装備する、より安全運転を心がけるなどの対策をとることができる。

「路面凍結予測」については、スマートフォンアプリ「防災アラート PRO」でも12月6日から順次提供を開始する予定。

関連記事

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース