川崎重工/液化水素運搬船が日本海事協会から船級を取得

2021年12月03日 
関連キーワード:

川崎重工業は12月3日、同社が建造した世界初の液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」の船級を、日本海事協会より取得したと発表した。

<液化水素運搬船「すいそ ふろんてぃあ」>
20211203kawajyu 520x345 - 川崎重工/液化水素運搬船が日本海事協会から船級を取得

「すいそ ふろんてぃあ」は、気体の水素をマイナス253℃に冷却して体積を1/800 に縮小した液化水素を、同社の断熱技術によって高い保温性能を実現した液化水素用タンクを積載し、一度に75トンの液化水素を運搬することができる。

一方、水素の特性を考慮した安全対策が必要なため、日本海事協会が国際海事機関の暫定勧告に基づき策定した、安全に水素を海上輸送するための要件や同協会の規則に則り、構造、機関、艤装品、材料などの検査を受け、12月3日に船級登録された。

今後、同社が参画するHySTRAとして、国際的な液化水素の大規模海上輸送実証試験開始に向け、日豪関係省庁および関係企業と詳細スケジュールの調整をしていくとしている。

なお、HySTRAとは、技術研究組合CO2フリー水素サプライチェーン推進機構のこと。褐炭を有効利用した水素製造、輸送・貯蔵、利用からなるCO2フリー水素サプライチェーンの構築を行い、2030年頃の商用化を目指した、技術確立と実証に取り組む企業団体。

この記事をシェアする

最新ニュース

物流用語集