LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

トッパンフォームズ/車両通過検知システム開発、トヨタが導入

2022年01月04日/IT・機器

トッパンフォームズは1月4日、RFID技術と光センサー技術を活用し、車両情報の収集と車両の台数管理を自動化することができる「車両通過検知システム」をトヨタ自動車と共同で開発したと発表した。

<入庫台数管理を行う際の「車両通過検知システム」のイメージ>
20220104toppanforms1 - トッパンフォームズ/車両通過検知システム開発、トヨタが導入

システムは、通過する車両に搭載したRFIDタグの読み取りと、通過方向の識別を自動で行うことが可能で、車両の入出庫口などに導入すると、従来、車両物流の現場において、1台1台手作業で行われていたRFIDタグやバーコードの読み取りによる車両の情報収集と台数集計を自動化する。

トッパンフォームズは、RFIDリーダーと光センサーで取得した車両情報を解析処理する独自のアルゴリズムを構築し、車両の形状や色、設置環境の明るさなどに影響されることなく、さまざまな車種が通過する現場でも導入が可能となった。

<想定される利活用シーン>
20220104toppanforms2 - トッパンフォームズ/車両通過検知システム開発、トヨタが導入

今後、完成車の管理を行うソリューションとして、トヨタ自動車の港拠点に導入され、全国の物流拠点にも順次導入する予定。

全天候対応のセンサーを採用しているため、時間帯や天候によって明るさに差が生じる屋外でも利用可能で、時速0~40kmに対応可能としている。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース