LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

GROUND/オートバックスセブンと提携、物流基盤構築を支援

2022年01月26日/IT・機器

GROUNDは1月26日、オートバックスセブンと中長期的な戦略的業務提携契約を締結し、AIを活用した物流施設統合管理・最適化システム「GWES(ジーダブルイーエス、GROUND Warehouse Execution System)」の提供を通じて、同社による新たな物流基盤の構築を支援すると発表した。

<業務提携の概要>
20220126ground 520x285 - GROUND/オートバックスセブンと提携、物流基盤構築を支援

オートバックスセブンは、2019年に5か年のローリングプランを掲げ、「人材」「IT」「物流」「財務」「情報」の5つの事業基盤の整備や見直しを進めている。業務提携では、GROUNDの「GWES」と専門的なノウハウや知見をオートバックスセブンへ提供し、先端技術を活用した新たな物流基盤の構築にともに取り組む。

具体的には、全国600のオートバックスグループ店舗へ出荷するカー用品を格納している東日本ロジスティクスセンターと西日本ロジスティクスセンターへ「GWES」を導入。在庫を可視化するとともに、2026年末までに現状比20%削減を目指し、在庫効率の改善・最適化を図る。これにより、物流施設内の在庫数や保管期間に加え、商品ごとの保管コストなどを算定可能とし、物流施設経営や商品調達の適切でスピーディな意思決定を目指す。

また、「GWES」で培ったノウハウと技術をベースに、オートバックスグループ店舗のPOSデータ、在庫情報、各種マーケットデータ(販売企画情報、季節要因など)を利活用した需要予測システムを企画・構築し、物流施設での仕入れと入庫の最適化を目指す。

加えて、「GWES」を活用し、オートバックスセブンの東日本ロジスティクスセンターと西日本ロジスティクスセンターに加え、新設予定のEC物流センターなど、複数拠点間の在庫と在庫情報を共有し、在庫の最適化と配送のスマート化を実現する。

さらに今後は、オートバックスセブンのEC事業の拡大や、利益管理および在庫管理を目指すため、「GWES」をはじめとする専門的知見とノウハウを活用し、新設予定の小口配送に特化するEC物流センターの企画と小口配送物流の構築に取り組む。

<オートバックスセブンの小林 喜夫巳社長(左)、GROUNDの宮田 啓友社長・CEO(右)>
20220126ground1 520x415 - GROUND/オートバックスセブンと提携、物流基盤構築を支援

業務提携について、GROUNDの宮田 啓友社長・CEOは「弊社の事業や自社開発した『GWES』が高く評価された。これまで培ってきたノウハウや知見をもって、オートバックスセブンのさらなる事業拡大に寄与し、物流改革を推進することで両社の企業価値向上を目指す」とコメント。

また、オートバックスセブンの小林 喜夫巳社長は「GROUNDとの協業は、各事業を推進していくなかで必要不可欠な商品供給を担う『物流基盤』の構築に向けた重要な取り組みだ。GROUNDのノウハウと技術を活用して物流基盤の改革を推進し、事業資産の効率化を図っていきたい」と述べた。

関連記事

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

IT・機器に関する最新ニュース

最新ニュース