LNEWSは、物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信しています。





物流・ロジスティクス・SCM分野の最新ニュースを発信

センコーGHD/4~12月の売上高9.6%増、営業利益17.0%増

2022年02月09日/決算

センコーグループホールディングスが2月9日に発表した2022年3月期第3四半期決算によると、売上高4654億4900万円(前年同期比9.6%増)、営業利益203億5600万円(17.0%増)、経常利益210億4000万円(19.1%増)、親会社に帰属する当期利益126億5600万円(9.1%増)となった。

セグメント別では、物流事業の売上高は3240億700万円(11.6%増)と、営業利益は186億6000万円(18.8%増)となった。

燃料価格の上昇影響などがあったが、前年同期に新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて大きく減少した物量の回復が見られる中、拡販ならびにコスト改善・生産性向上に取り組むとともに、M&Aの収益寄与があった。

商事・貿易事業では、4月に家庭紙卸売のアズフィットを連結子会社化するとともに、拡販ならびにコスト改善などに努めたが、収益認識会計基準等の適用影響、燃料販売における仕入価格の上昇などにより、売上高は1141億2900万円(5.8%減)と、営業利益は23億100万円(4.5%減)となった。

通期は、売上高6250億円(9.2%増)、営業利益252億円(17.1%増)、経常利益256億円(15.2%増)、親会社に帰属する当期利益148億円(3.9%増)を見込んでいる。

関連記事

決算に関する最新ニュース

最新ニュース